鎌田真司ブログ

2015/2/10(火)

あなたの会社は右肩上がりですか。増収増益の継続は容易ではございません。

一方、増収増益を連続している企業もございます。繁盛店には理由があります。

繁盛店は、共通している法則とそれを支える個人の力が溢れています。

今・・・「チェーンストアー理論」を超えて「アウトスタンディングオペレーション」が注目されています。

今年は、様々な会場でお話しをしています。経営者のビジョンと経営方針を確実に現場に落とし込む政策。

アウトスタンディングオペレーションの根源は「伝える技術」です。コミュニケーションを醸成する仕掛けと

仕組みづくりで確実に予算達成が続出しています。その事実をご存知でしょうか。

素晴らしい経営戦略も現場の全スタッフに「伝える」ことが出来なければ絵に描いた餅現象で達成できません。

 

繁盛店が実践している共通の「伝える技術」をマスターしませんか。知ると知らないでは大違いです。

今・・・増収増益していますか。2020年問題の大きな対策方をしっかりと把握して取り組んで頂きたいです。

笑顔元気開運セミナーは、多くの企業さまで実践中です。経常利益の収益改革は、働く全スタッフの所得が

2015/1/28(水)

3月19日、20日、東京、商業界会館にて鎌田真司を講師に、「従業員満足度100%の「社内イベント」で、増収増益を実現する仕掛けと仕組みづくりセミナー」が開催されます。

小売、サービス、外食チェーンで社内イベントを開催する企業が増えています。

従業員のモチベーションを高めるため、社内の結束を図るため、トップの方針を徹底するため、などなど、その目的は様々ですが、究極の目的は「業績の向上」であることは間違いありません。

このセミナーでは、様々な企業で社内イベントの企画、プロデュースを手がけてきた鎌田真司が講師として、増収増益を実現する社内イベントのノウハウをすべて教えます。

2015/1/7(水)

羊は群れをなして行動するため、 家族の安泰や平和をもたらす縁起物とされています。

<未年生まれの特徴>

穏やかで温かく、優しい。 正義感が強く、真面目だといわれています。

現場の小さな努力を楽しみに変えてリーダー達の導く力で績小為大することが重要です。

 

2015年の変化に対応し、挑戦を続ける強い組織は変化共有の環境が存在します。

その環境の存在は、実は2020年問題の先読みにより「シナリオ化」されていることが実に興味深い。

その為に2015年1月度に伝えておかなければならないことがございます。

知っていると知らないとは大きな差異となります。その内容については2月度にお伝えします。

連続して伝えることで全体が把握でき「成功のシナリオ化」がプロデュースできる。

知って得する情報満載。内容については、既に連続増収増益達成企業、経営者ビジョンの実現、成功している経営者の2020年対策による戦略・戦術のまとめなどについてです。

 

2015年の新たな試みのアウトプットスケジュール

 

【1月度】

・1月18日大阪会場にて「変化対応で心がちょっと善くなる対談」寺子屋塾

2014/12/19(金)

小売、サービス、外食のチェーンで社内イベントを開催する企業が増えています。

従業員のモチベーションを高めるため、社内の結束を図るため、トップの方針を徹底するため、

などなどその目的は様々ですが、究極の目的は「業績の向上」であることは間違いありません。

Ⅰ:社内の人の問題を全て解決する技術と新たな研修の作り方

       ―社内イベントづくりの「基本」

Ⅱ:次世代リーダーの役割と「善い社内環境」の作り方

       ―社内イベントづくりは、リーダーづくりでもある

Ⅲ:女性パートナーが100%やる気になるイベントの作り方

       ―社内イベントの主役は、彼女たちのモチベーション

Ⅳ:他企業の大成功事例の公開(秘蔵ビデオと社内イベント資料等)

       ―実物を鎌田プロデューサーの解説付きで視聴

Ⅴ:社内イベントの人事評価制度の作り方

       ―鍵になるのはイベントと評価の連動

Ⅵ:女性パートナーの人事評価制度の作り方

       ―評価対象の中で最も重要な部分をどうするか

Ⅶ:次世代リーダーのキャリアアッププランと研修の作り方

2014/12/4(木)


お客様に感動をして頂く取組は、長期的に効果が上がっています。

この取組は、顧客取組制度と称して客数及び来店回数が確実に向上します。

この研修を受講された皆様より「100%効果があがった保証付」と言われています。

 

「私がこの会社で働いていることで、たくさんのご縁と出愛いがあります」と言われて

大切なお客様に感動して頂くことを常に考えて行動する取組です。

 

私のお客様・部門のお客様・お店のお客様・・・。来店回数の違いが分かります。

百貨店・スーパーマーケット・ホテル業界・外食レストランなどで開催中の研修です。

実は・・・「私のお店」とお客様も言って頂いています。そのアンケートを公開しています。

 

さて・・私のお店と言って頂く為に、働く私たちは何をどのように実践したら善いのでしょうか。

楽しいグループブレストからたくさんの学びがございます。

 

同時にリーダーの育成、会社の善い環境づくりまで様々なカリキュラムで参加企業様の経営数値がアップ。

この研修も奥が深いと言われたこと深く感謝申し上げます。

 

2014/12/3(水)

企業の成長を促す効率と効果。生産性を常に向上させる取組に挑戦し続けています。

既に生産性の向上を推進している企業からのお問い合わせが増えて参りました。

トップダウン管理型のマネジメントで実践すると限界があるとのことでした。

新たな手法として、

ボトムアップのプロデュース型のニューマネジメントで効率と効果を上げています。

 

現場のスタッフに尋ねると面白い結果につながります。実に面白い。

「あなたは、仕事が楽しいですか」シンプルな質問から深く広い分析が可能です。

現場スタッフの努力が、楽しみに変化する程、職場環境が善くなります。

 

また、こんな声も聞こえてきます。

「我々、現場のモチベーションがアップすると生産性は必ず上がる」とのこです。

トップリーダーが考え全員に実施させるトップダウン管理型のマネジメントでは、容易ではない。

ボトムアップのプロデュース型マネジメントは、確実に伸びる。

 

大切ななのはバランスです。

自立創造するスタッフから、新たな試みに挑戦し続ける組織は強い。